>
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多分相当長いよww





17日のライブ後、川口のホテルに行ってgdgdしながらニケさんは変貌し←(とてもお見せすることなんか出来ませんwwww
結局4時くらいに寝て9時に起きたんだけどもうボヤーン。


魂が抜けてることは予測できたのでリポビタンDを買っておいてそれを飲んだんだけどまっっったく効き目なし←


ホテルは11時には出なきゃならんかったのでとりあえず大宮でブラブラ。
大宮ルミネのヴィレヴァン行ったらテンション上がって毎度のことながら「大胸筋矯正サポーターだよぅ!!!!」に笑い、その後何件がフラフラして何故か衝動買いでカバンを買い←なにしに来たんだ埼玉に


そすてお昼を食べたらまたもや強烈な睡魔が。。。



18日は400レベルだったので開場と同時くらいに入って一緒に行った幼なじみとしばし体力を蓄えてました(実際問題マジで寝たwwwwドラムチェックの音で目が覚めた←




気づくともう会場は人だらけ笑
アリーナはそれこそカオスでした。

肝心のスタンド席は意外と良かったです。
ステージ両脇のスピーカーがちょうど後ろのスクリーンと被っちゃったんだけど、本人たちが肉眼で見られたから良し。
無茶してアリーナで見るよりもスタンドからゆったり見るのも良いなぁ~と思ったです。
特にアリーナでチケットの位置があんまり良くないときは余計。




さて笑
前置きが長いっすねww
レポ書くときはいつもこうなんだ。
要所要所を書けばいいのについついダラダラ書いてしまうorz






いざ本編。





01. 星の鳥
02. メーデー
03. 才悩人応援歌
04. ラフ・メイカー
05. アルエ
06. ハンマーソングと痛みの塔
07. ひとりごと
08. ギルド
09. 花の名
10. arrows
11. 飴玉の唄
12. 真っ赤な空を見ただろうか
13. かさぶたぶたぶ
14. ダイヤモンド
15. 天体観測
16. supernova
17. 星の鳥reprise
18. カルマ
19. flyby

EC1. プレゼント
EC2. グロリアスレボリューション
EC3. ガラスのブルース(ノーマルver)



メーデーは升秀夫 on stageになる直前の「祈るようなメーデー」の後に藤クンが「さいたまー!!」って叫んでたw

「再び呼吸をする時は 君と一緒に」でステージのお客さんを指差してたのが印象的だった。


ラフメイカーはホントに好きだ。カップリングの中じゃ一番好きだ。
一番最初に聴いたカップリングかもなぁ。
17日もやったからこの日もやるとは思わなかった!
でもよーく考えてみたら、うわっ、やっべ、だから歌ったのか!
ってちょっと思った。
それは後ほど。


ラフメイカー→アルエって流れもなんか初期のころ(勿論行ったことは無いよwww)のライブにタイムスリップした感じで新鮮だったー




でですねぇ。。。

とうとうワタクシ、目から何かがしたたり落ちてしまいましてね・・・
ウルウルなら今までのライブでもあったんだけど今回は完全にボロ泣き。



花の名から飴玉がヤバすぎた。

花の名はもう花の名じゃなくもっとすっげーパワーを持った歌に変わってた。
まったく別物。
歌詞もここまで変えるか!ってくらい変えてて。


覚えてる範囲で。違ったら指摘を!


僕がここにあることは あなたと出会った証拠で
僕がここに置く唄は みんなと出会った証拠で
唄う力を借りたから 今日のうちに返さなきゃ


会いたい人がいるのなら それを待っている誰かがいる ここにも





うん。
どんだけ信じてるんだと。
どれだけ聞き手であるファンを信じきってんだと。
BUMPがそういう姿勢で向かってきてくれてるのに対して果たしてうちらはそれに応えられてるのかと。


うっかり泣きました。
曲が終わってすぐに拍手が出来なかった。
というか会場全体がもう静まり返ってた。



次のarrowsも。

「どこから来たの?」の「来たの」をホントに聞いてる様に歌ってたり、大サビ(って言うのか?)の「大丈夫」とかどっから出てるんだその声は、ってくらい深いところから聞こえてきた。




一緒にここから離れよう ねぇ離れよう

預けたものなら要らないから 迷子のままでも
君さえいればきっと僕でいられるさ
一緒に手を繋いで離れよう
傍にいて傍にいて(ニケさん号泣ポイント←


今こそちゃんと言ってあげなくちゃ
さよなら言わない自分に言わなくちゃ


せーので別々に歩き出そう


あんなに近い ずっと遠い あの弓の矢になろう




「傍にいて傍にいて」って本来の歌詞にはないからスッゴイびっくりしたと同時にダーッ(涙涙涙)でした・・・


飴玉もいつ聴いても鳥肌もんです。


咳をする君の 熱にふれて 命を知るよ


のあとのギターはもう圧巻。
アレンジがハンパない。
「ギターを掻き鳴らす」とはまさにこのこと。



でさ、さいたま初日に聴いて思ったんだけど、
「僕は君を信じたけど 君が消えたらどうしよう」から「思い出に出来ないから」までスッゴイ遅れてたのね。
歌が曲に乗っかってないっていうかずれてるっていうか。
そん時スッゴイハラハラして聴いてたのよ、全然遅れてる、と。
全然歌えてない、と。


でも18日もそういう歌い方したのね。


さすがに2日連続でヘマるわけないと。
じゃあこの遅れた歌い方はなんなのかと。


そこで思ったわけです。



この歌の主人公は怖がってるんだ、怯えてるんだ、上手に話せないんだ・・・・・



つまりこの歌詞にあわせた歌い方をしてるんじゃねぇかと。

そんな勝手な憶測―でももしそうならこれはスゴイな、って思った。
なんかスゴイリアルだった。


もちろんその後の、「見えなければ 死ななければ~」の下りは相変わらずビビる。
怒涛の叫びって感じで。


この3曲はホント18日のライブを象徴してもいいんじゃないかってくらい素晴らしかった・・





そしてこのツアーですっかりおなじみになったかさぶたはこの日も相変わらず楽しかったです。
なんか自然と笑顔になるね、あの曲。

ギターでこするようにあの日本人が一番リズムの取りにくい音程を出したら、

「もっと歌いたいかい?」で、かさぶたのイントロ始まって
皆が手拍子しだして
「そうそう」
(皆でかさぶたのパパッパンの手拍子)
「この…なんか定着しつつあるゆる~い感じの(笑)」


あん時藤クンがふざけたのがおかしかったねww


かさぶたぶたぶかさぶた

けせべせべせべけせべせ

こそぼそぼそぼこそぼそ

かさぶたぶたぶかさぶた


みたいなさ笑



あとsupernova。

なんかこれもすっげー歌詞変えあったんだけどこの日はホントに多くて全然思い出せないー><



君を失くしたあとで思い知るんだ 君との出会いがあったこと


君の存在だっていつでも伝え続けるけど 本当のありがとうはありがとうじゃ足りなくて でも ランラーララーラ~


僕らの世界は君があって動いてる


だっけな。。


スパノバは聴けば聴くほど良いなって思うな。
普遍的な歌だけどあとからズッシリくるような。




あーもーまたダラダラ書いてるwww


もう最後までダラダラ書いてやる←



覚えてる範囲MC。

本編どっかで。

チャマ:
「バンプオブチキンです」
「バンプオブチキンの面々です」
「バンプオブチキンの直井と・・・バンプオブチキンの面々です(他の3人の事)」


「昨日初めてここ埼玉スーパーアリーナでやらせてもらったんですけど…初めて?だよね?うん。BUMP OF CHICKENも他のアーティストのライブて何回かここ来てるんですよね、そのときはあの辺(ステージから一番遠い4階席右側の辺りを指す)にいました。

今日の朝、9時くらいに1人であの辺(4階席右側の辺り)行ったんですよ。(そのあたりの客さわぐ)いやーこんな広いとこに1人だとね、すっげーこわいの!すっげーこわい!すっげーこわい!」

「今日も良いライブを一緒に作っていきましょう!」


多分本編これくらい。



アンコールで。

チャマ:
アンコールありがとう的な。
「昨日、2、3階席わっしょい!とかやったじゃん?そのあとスタッフさんに、200レベル、300レベルって言い方をするんだよって言われてさぁ

でもオレ、そんなレベルとかぜってぇ使わねぇかんな!!!(ちょっと意地w)

はい!上の方!わっしょーい!


『わっしょい!』


これじゃあまだ『レベル』程度だなー、もう一回、わっしょい!…下の方わっしょい!…平面わっしょい!

おまえら全員あわせてナンレベだよ!!!!ってオレ結局レベル使っちゃってるww」


そして「若頭」が呼ばれる・・・・


ヒーロ!ヒーロ!ヒーロ・・・・



アンコールありがとう!

(藤クンがヒロのギターをおもむろに手渡す)

「やっぱしっくりくるなww」
(いつかの公演で「(MC時に)ギター持ってないと下半身がスースーする」発言をしたからだと思われ)


今日いい天気になってよかったね!
昨日の雨もよかったけど。


あのね、そこの舞台袖にトンネルみたいなとこがあるんだけど、上から見えないようになってて…最初のポーンとかいってるときそこで待機してるんだけど、皆の声とかすごい聞こえて、そこでもう感動して・・・
ん。。。話すことがないぞwまた今度ライブやるとき、っていうかまだツアーあるんだけど、またやるときは来てください(17日も言った同じことw


そして升。
升も似たようなこと言ってチャマが通訳。
そしてまたもや謎の指揮者みたいな動きをしてたら左手がシンバルに当たり、シャーンって地味に音を発してましたwwww



そして藤クン。

「アンコールありがとう」



でアンコールが始まるわけです。



「この曲は・・・・なんて説明したら良いんだろ・・・曲名言っちゃう?(振り向いてメンバーに確認)」


「プレゼント聴いてください」



もうホントコレ死ぬかと思った!
まさかやるとは思わないっしょ!
コレ書くとネタバレになるのか!?でもタワレコとかには書いてあるから良いよね!
えっと、THE LIVING DEADのOpeningとEndingに歌詞を加えた新曲なのですよ、このプレゼント言う曲は。
で、フッと思ったんだけど今回ラフメイカーを演ったのはこの曲を演奏するからだったんじゃないか、って。
THE LIVING DEADで「いくつかの物語をプレゼント」するのはラフメイカーでしょ?でそのプレゼントが本編で演奏した曲たち然り、このプレゼントって曲なわけで。

なかなか粋な演出をするな藤原基央!!!
と密かに思った次第であります笑
歌詞とか死ぬ気で全身に刻み込もうと思ったけどすっかり忘れてしまった><
でも超大作であることは間違いない。
演奏終わってまた、しばらく動けなかったから。
拍手も他の曲ならすぐ起こるのにこの時はみんな固まってたよ。

6月が楽しみだ。


あとガラスの「僕は今を叫ぶよ」のあとのギターソロで藤クンが

「ギター増川!」って紹介してたねwヒロ可愛いぞ←


素晴らしいアンコールでした^^




最後に他の歌詞変えー

ギルド→向き合えるかな 懐かしい眩しさと

真っ赤→僕らが一つだったなら出会う今日も来なかっただろう

天体観測→

今まで見つけたものは全部忘れたけど
僕らみんな追いかけている

ひとりごと→ 
みんなとの間に在るから
僕が知らないうちに僕らが作ったよ
みんなで出会ったよ


くらいかな?



最後に。

今回のツアーを振り返るとよくもまあ5回も行けたな自分、って思いますww
ZEEP TOKYO、幕張2DAYS、追加のさいたま2DAYS・・・
ZEEPにおいては何故か気づいたらほぼ最前でチャマが投げたペットボトルをゲットし・・・
もう1年分の運をすべて使い果たして行ったライブはどれも素敵でした。
ただ、まぁ…どこでも言われてることはあるにはあるけどもう綺麗な思い出として残しておきたいので敢えて書きませんが…
もうちょっとなんとかならんのかとはさすがにね、思うよ。
やっぱデカイ箱でやると仕方ないのかな。
うまく言えん。

ちょっとでも私と同じ考えをお持ちの方はこの人のブログを見たら良いよ。

http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2008/05/bump_of_chicken_9d95.html

http://www.ro69.jp/live/archive.html?179

言いたいこと全部言ってくれてます。




また行きたいぜ。


「flyby 距離ハソノママデモ確カニスグ傍ニ居タ バイバイ 忘レテモ構ワナイ 忘レナイカラ 応答願ウ ズット応答願ウ」


この歌詞に全部要約されてる気がするね、BUMPの想いが。


みんなが今日という日を忘れても俺らは忘れないから=信じてるから

でしょ?きっと。
まったくどれだけ信じきってるんだ。
それならこっちだって信じきらなきゃダメだよね。
とことん。







「さいたま2日間ホント楽しかったよ、またね、おやすみ」
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 BUMPな生活。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。